本文へスキップ

A-cubed(エイ・キューブド)はノザキ塾のWEB部門です。主として私立文系上位校を対象としています。

TEL. 059-370-0025

〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町8-8

個別の学習計画についてCONCEPT

個別の学習計画についてA(一例です。体験期間中に個別の学習計画を立案します。)

2007/05/21

今日から、学校で、どれだけ内職できるか時間を計った。内職時間に暗記物を出来るだけ割り振って行く必要があるので、学校から帰ったら必ず、チャットで何時間内職できてどれくらいすすめられたかをチェックする。

17:25

学校では、55分間でハンドブックを4ページしました。政経は4年からしてないです。家に教科書があるので読みます。ヘッドセットは購入しました。
 
 14:53 Y君より政経の教科書は山川出版とメールをもらう。K君と山川出版の教科書を完璧にしたら偏差値がいくつまで行くかそれぞれの模試で偏差値を算出してもらったところ全統記述模試では58が限界ということがわかっている。数研出版の教科書の方が、脚注の重要な箇所にはゴシックが打ってあり、学習しやすい。政経問題集であまりに時間が取られる現状を鑑みると、已に学習が終わっている山川の教科書をまず読み直し、忘れているところはチェックしてもらい、さらに同レベルの数研出版の教科書も読み、同様の用語が出てくる箇所が受験にとって重要な用語であると言うことを理解してもらう方が、短時間で政経の全体像をつかめるだろう。ただ、教科書の記述がY君に取って理解しづらい可能性があるため、定評のある2冊の参考書、教科書を紹介する。

22:15〜23:06

Y君に進度を確認。政経ハンドブックをいきなり丸暗記しようとしていたことが判明。ペースが遅いので、疑問に思っていたがこれで理由がわかった。記憶は時間ではなく、反復回数に正比例して定着する。人間は基本的に見た物は統べて記憶していると言われている。記銘の機能に障害がない限りは等しく能力を持っている。しかし、再生は異なる。反復回数が増えれば増えるほど、脳の伝達回路はより最適化される。では、再生を強化するためには、どうすれば良いかというと、適切な反復である。忘却曲線の例を挙げるまでもなく、指導経験上月4回以上の反復無しに定着する生徒はいままであったことがない。記憶の精緻化という機能が人間には備わっており、同じ物を単一で覚えるより、複数箇所で違った形で見ると、認識は深まる。理解が高いという特性を生かすならば、なおのこと、複数のテキストを読み、その結果としてより正確な記憶になる。上記の2冊のテキストを連動させる方が早いかも知れない。24:00の報告で読むスピードを測った上で、対策を考える。政経の教科書が一日読めるなら、もっとアプローチを変え
て、Y君に最適なやり方を見つけていきたい。
 
0:00〜0:07
 
政経ハンドブック約50分で8ページ。理解しながら読むペースとしては上出来。計画を修正し、まずは教科書を記述模試までに読んで、重要単語については見たことがある状態を作る。その後に蔭山を読み、対応する箇所の畠山について読んでいくというスタイルに決定する。明日は英語でどこに学習上の問題点があるか把握して、テキスト選定作業に入る。

個別の学習計画について@ | 個別の学習計画についてB

エイ・キューブド

〒513-0828
三重県鈴鹿市阿古曽町8-8
TEL 059-370-0025
FAX 059-370-0192